壁紙を選ぶ

小倉 縞縞KOKURA SHIMA SHIMA

『小倉織』は、江戸時代初期より豊前小倉藩(現在の北九州市)で、袴や帯などとして織られ、全国で珍重されていた伝統織物です。

地厚で丈夫な木綿布ですが、その表面はきめ細やかでとても艶やか。立体的なグラデーションがとても優美な印象をあたえる縞模様が特長です。
徳川家康や坂本龍馬なども愛用したとも言われており、その名を歴史に刻んでいましたが、昭和初期に途絶えています。

1984年、染織家の築城則子さんによって復元され、現代の布として再生。
その後、伝統的な織を継承しながらも、新しい時代に即した広巾の小倉織として『小倉 縞縞 KOKURA SHIMA SHIMA』が誕生しました。

『小倉織』の繊細な織り目と色表現を忠実に再現する為、何度もデータ調整と試作を重ね、『小倉 縞縞』の魅力を写し取った壁紙をつくりあげました。

※ 当オンラインショップで販売・掲載している「小倉 縞縞」製品の意匠やロゴの著作権は、株式会社 小倉縞縞に帰属します。

コート壁紙コーディネート画像
  • 小倉縞縞壁紙コーディネート画像
  • 小倉縞縞壁紙コーディネート画像

■ 壁紙ラインナップ

全4件

  • KSS001

    KSS001

    小倉織|小倉 縞縞 - 無彩キュービック

  • KSS002

    KSS002

    小倉織|小倉 縞縞 - 香桜

  • KSS003

    KSS003

    小倉織|小倉 縞縞 - 白多彩

  • KSS004

    KSS004

    小倉織|小倉 縞縞 - 藍漸

ページトップへ